診断基準から把握する鬱の症状【知らなきゃ損する改善術を指南】

ナース

気分障害の勉強をしよう

病院

治療上のポイントはどこか

鬱病の治療は大きく3つに分類されます。具体的には症状が強く出ている急性期、症状が比較的落ち着いている持続療法期、回復した状態を維持していく維持期の3つです。鬱病と診断され入院による治療が始まると、患者は持続療法期までは入院生活となり、維持期には通院によって治療を継続します。鬱病の急性期の治療は、患者の心理的なエネルギーの状態を改善させることが重要になってきます。鬱病と診断され入院が必要になった患者は、心理的なエネルギーが枯渇した状態か、それに近い場合が多いです。これは患者が鬱病を発症し、病院を受診するまでにある程度の時間がかかるためです。入院後は絶対安静となり薬物療法以外は静穏を保って生活することが求められます。持続療法期は、鬱病の症状が改善し、患者の活動性が上がってくる時期です。この時期になると、社会復帰が視野に入ってくるので、何かしなければと衝動に駆られる場合が、鬱病の患者では特に多くなります。しかし、回復はしていても疾患が根治したわけではありません。もし治ったと判断して薬を飲まなかった場合には、薬の離脱症状として、頭痛がしたり気分不良が起こったりといった副作用が出てしまいます。この時期は薬物療法をしっかり持続することが必要です。維持期は、退院し通院にて行います。この時期で一番大事なのは薬のコンプライアンス状況です。これは患者が薬のことを理解してしっかり内服できているかどうかです。急性期に比べれば薬はかなり減っているものの、病院外は病院よりもストレスとなるものが多いため、薬は必要になります。通院時には内服の程度をしっかりと医師に伝えることが重要です。

問診がとても大事です

鬱病の診断においては、問診という診察が非常に重要になってきます。確定診断は鬱病と患者が考えて来院しても、すぐに行われるとは限りません。医師は患者から非常に細かく精神疾患の症状や発症の時期、生育環境などを質問します。これらを世界保健機関や米国精神医学会の診断基準にあてはめて、確定診断となります。問診では患者の訴えが非常に詳しく、ときに深く突っ込んで質問されます。例えば、職場で周囲が仕事をいい加減に行うので、日々イライラしながらも患者がフォローしていた、と患者が訴えた場合には、イライラはいつごろからしていたのか、とかイライラしたときにはどのように対処していたのか、などの質問をすることで、患者のイライラしていた期間やストレスへの対処方法が分かります。またなぜ周囲をフォローしたかを問うことで、患者が責任感が強い人であることや、頼まれたら嫌といえない性格であることなどが分かります。このように詳しく質問していくことで、患者の精神状態や中心的な症状だけでなく、性格や価値観なども分かり、これらは今後の診断においてもカウンセリングにおいても重要な治療上の情報になります。また問診では既往歴も質問します。鬱病は他の病気から合併することがあるからです。癌や更年期障害からの合併は比較的有名ですが、それ以外にも脳梗塞や糖尿病、透析治療中であったり、産後であったりする場合も合併します。生育歴も重要で、患者によっては地域の文化や風習が疾患の発症に関与している場合があります。